Profile
12/2018
S M T W T F S
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<<

QR Code
XML

3827290

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
<< Next
BlogPic
蓮の花は 例年より早くをピーク越え
蝉の合唱が始まるのも もう間もなくという。

南の高気圧の勢力次第でどこでも起こる
集中的なゲリラ豪雨のシーズンでもある。


関東甲信 では早くも梅雨明け宣言が出され
逗子海岸では昨日29日海開きをしたとか。

台風のうわさも チラホラ耳に入り出し
本格的な暑さが始まるのも間もなくの模様。


それにしてもロシアがあんなに暑い国だとは
誰も考えてなかったようで 驚きです。
ほとんど 長袖しか持って行かなかった
サポーターもいたようで どうしたのかな ?

サッカー中継のおかげで 生活のリズムが
大幅に狂ってきていますが
時差を克服しながら 熱戦を繰り広げている
アスリートや報道関係者の苦労を考えると
何ということはない とも思います。

でも居眠りをしたら命に関わるような
危険な仕事に就いている人・・・
無理しないで 安全第一でいきましょう !

BlogPic
「夏に至る」と書くことから判るように
この日を過ぎると本格的な夏の到来です。

北半球では太陽が1年で最も高い位置にきて
昼間が一番長い日になります。
冬至の日と比べると東京では昼の長さが
夜に比べて約4時間半も長くなります。

ただこの時期は梅雨の影響があるため
今日のように雨天だったり、曇天が多く
日の長さを感じられない日もあります。


本格的な夏の暑さがやって来る前のこの時期
実はあらゆる生命が一年で最も輝く時です。

花や野菜の生育が早まり、鳥や魚や動物それに
虫までもがいっせいに活気付く日々・・・

海・山・湖や川など自然の中に入って行って
思いっきり遊び、汗をかき、深呼吸をして
忘れていた感覚を呼びもどすのもいいかも?

BlogPic
「芒」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のこと。
稲などの穀物の種をまく時期という意味だそうです。

田植えの目安となり、米栽培農家が忙しくなる時期。
どうやら今日、関東地方も梅雨入りしたようです。


庭先にある紫陽花が今年もたくさん花をつけました。

個人的には紫の花が好きなのですが、どうやら
この庭でそれを望むのは無理のようです。
というのは・・・

紫陽花の花の色は育っている土の酸性度によって
変わるといいます。
なんでも花びらにはブルーベリーや赤ワインで話題の
アントシアニンが含まれていて、土壌のpHの影響を受けて
色を変化させているんだそうです。

酸性が強いと青、アルカリ性になると赤に傾くって?
この花どう見てもピンク系の代表みたいな色ですね。

そこまで行ってハタと思い当たることが!

我が家では毎年冬に「箱火鉢」を使っています。
燃やした灰をこの株の根元近くに、何回も何回も
撒いていたんです。
草木灰は水に溶けるとアルカリ性・・・。

そうゆうことで納得が行きました。

BlogPic

陽気がよくなり草木が成長して茂るという意味。
動物や植物にも活気があふれ
農家では田植えの準備に忙しい頃。

また、畑では秋にまいた麦の穂が付くころで
ひと安心という意味もあるようです。

春の強い風が吹く日々は過ぎ
海上は初夏のそよ風が気持ちの良い
穏やかな日が多くなってくると
自分で漕いで沖に出るボート釣りの季節。

釣り入門の代表とされているキス釣りは
おかしな外道や、思わぬ大物が釣れたりして
親子で遊べる趣味としてオススメです。

家に戻ってから釣った魚を家族で料理し
1日を振り返りながら食卓を囲む・・・。

こんな夜はきっと、ぐっすり快眠間違いなし!


BlogPic
暦の上では夏が始まる頃。

カエルの鳴き声が聞こえる場所は
今では希少な自然環境になってしまったが
田んぼのある地域ではそろそろ始まるころ・・・


半袖を着る人が普通になってきている今日この頃
衣替えの6月を待つまでもなく夏はそこまできているようだ。

気温25℃越えの夏日はもう何日も迎えているし
そろそろ30℃越えの真夏日がやって来ても不思議はない。


話は突然変わって・・・
最近、目を見張るような若いアスリートの活躍がやたらに目立つ。

中学生くらいで、世界の頂点に届きそうな”怪物”級の選手が
いろいろな種目で注目を集めている。

彼らの能力が飛躍的に、いや超人的に伸びた共通する環境がある。
* ほんの小さい頃からスタートしている
* 思う存分に没頭できる施設が身近にある
* 指導者(多くの場合、親)が熱心で優秀
* 何でも競い合える年上の兄弟姉妹がいる
* 本人がとにかく負けず嫌いである

この5つぐらいが揃っていることが最低限必要な条件かと・・・

この話を参考にしたカエルの夫婦が、子供達に英才教育を開始。
自分たちの一番得意な平泳ぎを教え始めたが、失敗したらしい。

その訳は・・・
子供達のおたまじゃくしには、まだ手も足も生えていなかったので
チンプンカンプンで全く練習にならなかったとさ!

BlogPic
あっちの空にも こっちの空にも
たくさんの こいのぼりが泳いで 

五月の空は 青くて 明るくて
一年で一番 気持ちのいい季節 。


頭に乗ったり 口の中に入ったり
雀はこいのぼりが お気に入り。


この春巣立った 若い雀は経験不足。
飛び方はヨタヨタで 危なっかしい。


よ〜く見ていると 親が子供に
人生ならぬ雀生を あれこれ指導中。

まだうまく飛べない 雀たちを
おどしたり 追いかけたりしないで
やさしく 見守ってやってください。


雀の世界も 大変なんですよ。


BlogPic
BlogPic
万物が清らかで生き生きしているという意味。
花が咲き、鳥は歌い、空は青く、爽やかな風・・・
すべてのものが春の息吹を謳歌する頃。
各地でお花見風景が盛り上がりを見せて・・・。

藤沢駅前にある、メガネ店「和真ギャラリー」で
みひ郎の『美味魚展』始まりしました。

今回は23種の「美味しい魚」たちを展示中です。
私自身が食べたことがない魚も、2種類ほど展示
していますが、今後の目標にあえて出しました。

さてカツオですが、食べ方についてはいくらでも
ネット上に紹介されているのでそちらを参考に!



ところでカツオは縞がはっきりしていますが
この方向が便宜上タテ縞とされていることは
前にもこのブログで書いた気がします。

驚くのは興奮した時に体に出るのはヨコ縞?
なんだそうで、カツオの一本釣り師には
当たり前のことのようです。ヘエ〜?

BlogPic

その後も、漆山港周辺を歩き廻っていると
船外機付きの小さな漁業用ボートが帰ってきた。
山のようにごっそりと積まれているのは
これ! 
うつくしいアンバー色の天然の生ワカメ。


岩に着いていた根っこの部分は いわゆるメカブで
茎が1mほど伸び ヒラヒラとした葉(葉体)が
一般には生ワカメとして売られている。

着いたばかりの船から降りた漁師さんに 
少し分けてもらえませんか とお願いすると
「いいよ ちょっと待ってな」と言って
すぐ近くの家に 包丁とビニール袋を取りに行き
バサバサとメカブと葉部分を 切り離し始めた。

1000円分くらいでいいんですが と言うと
そんなに食べられないよ といいながら
え〜まだあるの? という位ゴッソリ入れてくれた。
こりゃあスーパーで買うより かなり安い!

食べきれないので 友人や身内に配ったが
それでもたっぷり残り 部位別に分けて
下処理し 密閉パックに入れて冷凍保存・・・。

春らしい磯の香りが立ち 取り立て新鮮なので
いろいろな食べ方を試しまくり・・・。
で、少々アゴが疲れ気味のようだ。

BlogPic
BlogPic
10日ほど前、沖釣り専門誌「つり丸」の取材で
横須賀市長井漆山という港を訪ねた。

「昇丸」という船宿を訪問した顛末は
4月頭に発売の上記釣り雑誌に譲ることにして
桜の開花を待つ、相模湾の広い海域で
今ワカメが大量に水揚げされている話を・・・。


港周辺の景色や史蹟を写真に撮ろうと歩き回ると
あちこちに茶色の海藻が干してあるのが目に止まる。
よく見ると緑色に変色したものもあった。

これは別の海藻ではなく、乾燥すると色が変わり
水が抜けてずっと小さく細くなるようだ。
(写真右はしが乾燥したワカメ)

近くにいた漁師らしき人にワカメはどこに行ったら
買えますかと聞くと、うちでも売ってるよという返事。


1000円位のありますかと聞いたら少しして
「これだよ」と持ってきてくれた。


BlogPic
「啓蟄」は冬眠をしていた虫が
穴から出てくる頃という意味。

実際に虫がぞろぞろと 這い出してくるのは
もう少し暖かくなるのを 待つことになりそうだが
柳の若芽が膨らみ 蕗のとうの花も開く頃。


特定外来生物にされた ウシガエルは別にして
日本原産のカエルの中で最大なのが
ガマガエルなどと呼ばれる ヒキガエルです。

その他の一般的なカエルとは違って
水辺にはこだわらず 夜行性なので夜になると
住み家の周辺を のそのそと徘徊します。

動くものなら何でも食べる と言われるほどの
旺盛な食欲で 痩せた体に栄養を貯めます。

池や水辺を探すのは 春の繁殖の時期で
低山の小さな水溜りに 何匹もの個体が集まり
夥しい数の卵が 塊で見られることがあります。

<< Next
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語