Profile
03/2018
S M T W T F S
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

QR Code
XML

3768433

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
BlogPic

その後も、漆山港周辺を歩き廻っていると
船外機付きの小さな漁業用ボートが帰ってきた。
山のようにごっそりと積まれているのは
これ! 
うつくしいアンバー色の天然の生ワカメ。


岩に着いていた根っこの部分は いわゆるメカブで
茎が1mほど伸び ヒラヒラとした葉(葉体)が
一般には生ワカメとして売られている。

着いたばかりの船から降りた漁師さんに 
少し分けてもらえませんか とお願いすると
「いいよ ちょっと待ってな」と言って
すぐ近くの家に 包丁とビニール袋を取りに行き
バサバサとメカブと葉部分を 切り離し始めた。

1000円分くらいでいいんですが と言うと
そんなに食べられないよ といいながら
え〜まだあるの? という位ゴッソリ入れてくれた。
こりゃあスーパーで買うより かなり安い!

食べきれないので 友人や身内に配ったが
それでもたっぷり残り 部位別に分けて
下処理し 密閉パックに入れて冷凍保存・・・。

春らしい磯の香りが立ち 取り立て新鮮なので
いろいろな食べ方を試しまくり・・・。
で、少々アゴが疲れ気味のようだ。

BlogPic
BlogPic
10日ほど前、沖釣り専門誌「つり丸」の取材で
横須賀市長井漆山という港を訪ねた。

「昇丸」という船宿を訪問した顛末は
4月頭に発売の上記釣り雑誌に譲ることにして
桜の開花を待つ、相模湾の広い海域で
今ワカメが大量に水揚げされている話を・・・。


港周辺の景色や史蹟を写真に撮ろうと歩き回ると
あちこちに茶色の海藻が干してあるのが目に止まる。
よく見ると緑色に変色したものもあった。

これは別の海藻ではなく、乾燥すると色が変わり
水が抜けてずっと小さく細くなるようだ。
(写真右はしが乾燥したワカメ)

近くにいた漁師らしき人にワカメはどこに行ったら
買えますかと聞くと、うちでも売ってるよという返事。


1000円位のありますかと聞いたら少しして
「これだよ」と持ってきてくれた。


[Web Log] / 03/09 10:18
BlogPic
毎年3月に開いていた「ミニ個展」を
少し遅くなりましたが今年も開催します。
会期は 4.1(日)〜4.15(日)の2週間。

場所は藤沢駅南口徒歩1分以内。メガネの
和真3Fで、エレベーターもあります。


今回は何年にも渡って描き続けてきた
釣り雑誌「つり丸」に掲載した魚の絵を
背景を加えたり、肖像画風にリメイクし
妄言を一言書き足したりしています。


勝手気ままに描いた数ある作品の中から
作者の独断と偏見だけで選別・抜粋した
美味なる魚を中心に23点を展示します。

尚、会場には魚の絵の展示があるだけで
美味魚の試食はできません。  
               みひ郎


Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語