Profile
09/2018
S M T W T F S
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

QR Code
XML

3817488

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
BlogPic
秋分の日は彼岸の中日で前後3日間を秋彼岸といい
「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」として
国民の祝日になっている。


海の魚たちにとって、秋は「天高く魚肥ゆる季節」で
冬に向け体に栄養分を貯め、越冬の準備を開始する頃。

ほとんど例外なく魚は1年で最も美味しくなる時期だが
弱肉強食の世界、狙われる魚は色々な相手から狙われる。

エサとして狙われるサバやイワシなどの小魚の背の色は
空から見降ろした時の青や緑系色で、腹側は空を下から
見上げた時に目立たない明るく眩しい銀白色だ。

これはほとんどの青魚と呼ばれる魚に言えることで
自分よりも上あるいは下にいる外敵から身を守るための
カムフラージュだ。

今回の絵、鯖の背の迷彩模様などまさにその典型で
軍事に関わる戦車や装甲車、軍服などはどれも
この背中の模様を真似たとしか思えないほど似ている。

空中戦をやるために作られたかつての日本の戦闘機は
この理屈にかなった色に塗装されていた。

例えばゼロ戦は上面を迷彩色、下面は白銀色を採用して
発見されにくいように着色された空の小魚である。
魚が身近にいた国の自然な着想とも言える。

サバやイワシは生まれつき迷彩服を着ていて
毎日喰うか喰われるかの戦いの中にいる。

BlogPic
白露:空が高くなって
秋雲がちらほら出始めたようです。
暑かった夏も一段落
やっと本来の 秋らしい日々がやってきそうです。

遠く2000km南の沖合にまた台風が発生した!
という予報・・・心配は続きますが。

近くの空き地にはススキの穂が顔を出し
そろそろ秋の趣が感じられる頃。
朝夕の風が涼風に変わり始め
季節は少しずつ先へ進んでいるようです。



今年も葡萄棚に わずかに実がなりました。
手入れをしないまま 
30数年ほったらかしの老木のため
虫にやられ 日中は高温にさらされ
強い風に痛めつけられ それでもわずかですが
頑張って
実をつけました。

根元を車の重みで踏みつけられ
肥料も与えてない状態で
甘い実がなるわけはありません。

それでも中には大きく熟す粒もあり
今年も2〜3個食べました。

夏に日陰を作ってくれたりして
この葡萄の樹には感謝しています。

Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語