Profile
10/2020
S M T W T F S
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<<

QR Code
XML

4125134

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
Prev >>
BlogPic
ヌルデ(白膠木)はヌルデ属の高木。
葉は奇数枚の小葉が付き、小枝の軸にも平行して
薄い葉のような翼と言われる羽状のものが付く。

小葉は長楕円形で、周辺部には鋸状のギザギザが
あるがこれがヌルデの特徴で、近い種類のウルシ
やヤマウルシなどカブレのひどい危険な種類とは
簡単に区別できる。

しかしウルシほどではないにしても、このヌレデで
まれにかぶれる人もいるようだ。

秋に里山に行ったり山に入ると、やたらに存在を
主張する赤く色づく木々が目立つ。
ショッキングな赤はヌレデやウルシの仲間に多いが
やはり目立つナナカマド(七竃)はヌルデと同様に
小葉は鋸状だが葉は細長いので区別は付け易い。


これらヌルデの仲間は美味そうな赤い実をつけるが
鳥達が食べているからといって、人間が食べるのは
止めた方がいい。

加工して食用にできるものもあるが、時期により
有害だったり猛毒になるものもあり、キノコなど
と同様に要注意である。

長生きしたければ、最初はちゃんとした指導者の
元でしっかりした知識を!

BlogPic
BlogPic
「白露」は秋も本番となる、台風が心配な時期
と言われている通り、ちょうど台風10号が九州
を通過していて、近くの方々は要注意です!

ところで今回はアワビの話。
アワビの漢字は色々(鮑、鰒、蚫)ありさすがに
昔から高級品で、人気だったことがうかがえる。

英語ではabalone。ちなみにメキシコアワビも
アバロンと呼ばれて、内側の七色に輝く美しさが
他では出せないことから、工芸品のパーツに多く
使われている。(Photo 上 )


かつて小田原に住んでいた頃、少し西に位置する
岩礁帯の海によく遊びに行った。

スキンダイビングといえばちょっと格好はいいが
その頃は「素潜り」と言っていた頃で、今のように
漁業権云々をいう人はいなかった。道具はフィン
シュノーケルなしの水中メガネのみ。

その頃の憧れの的、それはアワビだった。

素人が潜れるような5mの深さの海に、マダコは
いるがアワビは簡単には見つけられない。
何個か小さなサザエを見つけるのがやっとという
レベルだった。

アクアラングが普及して、海岸線沿いに根こそぎ
アワビ・サザエなどが乱獲されるようなことが
頻発し、それで生計を立てていた漁師の人たちは
仕事の継続には稚貝を蒔かなければならなくなり
監視を強化するようになった。
そしていつしかこの遊びは遠のいて行った。

写真のアワビは外房産。魚の絵をプレゼントした
お礼にと職漁師の方からいただいたもの。
(Photo 下 )

この姿形をはるか上の水面から見て、アワビだと
見分けられるのはもう、特殊能力そのものだ。

この殻、よく見ると多くの生物が殻に住み着いて
小宇宙を作り上げ、運命共同体となっている。
この一枚の殻の上に何匹の生き物が生存しているか
を考えると、調理にかかるのは気がひけた。

ちなみにアワビは堂々と胸を張れる巻貝の一種で
カタツムリにあるような二本のツノを持ち、先端
に光を感知できる眼もちゃんとある。

[おかしな植物] / 08/31 0:00
BlogPic
1983年全国青果物商業協同組合連合会などが
中心になって決めた日だそうです。
今まであまり記憶になかったのですが、◯◯の日
って最近やたらに増えている感じです。

いろいろな業界が◯◯の日を作って記念日にして
イベントをやるのは、停滞している経済を元気に
することに役立つので少しでも役に立てばと思い
ブログを書いています。

みなさん野菜食べてますか?
わたしは野菜が好きで結構食べています。

野菜によって含まれている栄養素に特徴がある
ようで、好き嫌いなく何でも食べるというのが
結局はバランスの取れた食事になるようです。


キャラクターを作るのは結構好きで、いろんな
ものをキャラ化していますが、個性がはっきり
していて形がユニークなものが作り易いですね。

BlogPic
コロナの影響と天候不順の長雨で
人間界だけでなく、クマの世界も
大変なことになっているらしい。

特にツキノワグマがキャンプ場や
人家の周りに出没するニュースは
最近頻繁に目にする。

今回のキャラクターはグリズリー。
灰色熊の仲間で、知床のヒグマも
遺伝子的には近縁種らしい。

久々の脳トレパズル:ふた子を探せ
は少し難易度をあげました。

と言っても個体数を20から30頭に
増やし、ふた子を2組にしただけ。

あんまり進歩はしていません。
これでもスマホではもう限界の数?

BlogPic
処暑 (しょしょ 8/23頃)
暑さが徐々に収まるという意味

日中はまだまだ暑いものの
間もなく朝晩は涼しさが感じられて
初秋の息遣いが伝わって来てもいい頃。

いつもより短い夏休みもそろそろ終盤。

昨年はやたら台風が多かったのに
今年は少なくて一安心というところだが
列島に張り付いた南と北の高気圧は想定外。
やっぱり言われているように異常気象が
原因で起こっているということなのか?


冷んやりとした海水が、暖かい潮にとって替り
海の中にも涼しい秋が来るようで、9月に入ると
例年、ほとんどの魚が活発に餌を追うようになる。
海の中にも食欲の秋はやってくる。

この絵は、岩の周りに住み着いているカサゴだが
日本中どこでも身近にいる魚の常で、呼び名も
地域によって色々だ。
ひどいのは「あんぽんたん」と呼ばれたりしている。

理由は幾つかあるようだが、いとも簡単に釣れる
ことからそんな不名誉な名前になったという説が
あるが、どうして白身でとても美味しい魚だ。

体の模様が紅葉した山のようで、秋にピッタリの魚だ。


#夏休み #岩礁の海 #カサゴ #ロックフィッシュ 
#穴釣り #テトラポッド

BlogPic
ようやく長い梅雨が明け、本格的な夏到来と思ったら
今日から暦の上ではもう秋だそうです。
これからは少しずつ涼しくなり、秋の気配が漂いだす
のも間も無くということらしい。

また、今は出す人も少なくなってはいるが、立秋を過ぎ
たら「暑中見舞い」は「残暑見舞い」になるそうです。

ついに酷暑到来という時、何とも気の早いことで・・・。

上の魚、スズキと言う名前だが、図鑑で魚種を調べると
普段目にする多くの海水魚は『スズキ目』に分類されて
いるのご存知でしたか。

タイやブリ、イシダイやイサキ、アジ、サバ、ヒラマサ
など驚くほど大所帯のスズキ目の代表?がスズキです。

夏から秋にかけて旬を迎える魚「スズキ:鱸」。
出世魚の一つで、関東ではフッコ、セイゴ、スズキと
呼び名が変わるが、あえてシーバスと呼ばれるように
独特の釣趣で人気がある。

この魚しか追わないという熱狂的なマニアを生み出す
ほど一部の人には魅力的な要素があるようだ。

BlogPic
再びそっくりのふた子を探せ!の第4弾。
少し前にクロネコのパズルをこのブログに掲載したが
今回は薄暗い場所にいる銀猫。

実は以前にラインスタンプをいくつか作り、今でも販売
したままになっているが、その内の一つのタイトルが
『lucky blackcat kuro and silvercat gin』で、
クロネコと銀猫が登場します。

スタンプは40個も作るので猫のポーズもいろいろと
あって、このパズルに使った25ポーズ位はすぐに
作り変えられるという訳です。

ちなみにそのラインスタンプはここからのぞけます。
https://store.line.me/stickershop/product/1096335

これだけあれこれの「シチュエーション」があると、
ただ繋ぐだけで四コマ漫画ができたりもします。

いつかこの場に発表したいですね。

BlogPic

海中回廊にいた魚が、広い海に泳ぎ出し
ダイビングをしている美女が
写真を撮ろうとしたその時!
背後から静かに近寄ってくるのは
・・・巨大なサメ!

でもちょっと待ってください。
いつもの3Dでみてください。

サメが狙っているのは
実はあなたかも???

BlogPic
練習編その2 海中の回廊に魚?

今回練習用として用意したものは上の図形です。
海中の回廊はトンネルのような形にしてみました。

そしてそこに南の海の魚を泳がせてみました。
では前回練習した交差法で覗いてみてください。

それではここで問題です。

魚が何匹も泳いでいますが、あなたの一番近く
を泳いでいるのは何色のどの魚でしょう。

普通に見ていたら全くわからない問題ですが
もう、交差法で見ることができるあなたには
簡単すぎて問題にもならないですね。

次回は少しハラハラ、ドキドキ感のある?
危険な海の中にご案内します。

BlogPic
練習編その1 『海中の回廊』

今まで『エラーを探せ!』 第1弾 4作
   『ふた子を探せ!』 第2弾 3作
と遊んでいただきましたが、次は3Dパズルへ!

3Dパズルと偉そうに言っても、初歩中の初歩
交差法と呼ばれる見方で見えるもの。
慣れた人には「なんだ!」と笑われそうです。
とは言え、『見えそうで見えない』という人も
おられるのでまずは練習から・・・。

今回練習用として用意したものは上の図形です。
早速、この絵の見方を紹介します。

絵を顔の前、40cm離して正面に置く。
目から約10cmのところに指を立てて、
指先先端に焦点を合わせる。
長方形の看板が一つに重なったら
三角形の図形も・・・一つになって
奥行きが出てくるまでじっと見つめて!

何回もピント合わせの練習をしている間に
下の看板が無くてもすぐに画像を立体的に
見れるようになります。

見えない人は諦めず再挑戦で。
すでに見える人は、瞬時にピント合わせが
できるように!
目の筋肉を鍛えるので、近視矯正に効果が
あるとも言われています。

ただし一つだけ注意点が!
3D画像を見つめている時、あなたの目は
いわゆる『寄り目』になっています。
練習は人気のない所で落ち着いてどうぞ!

Prev >>
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語