Profile
04/2020
S M T W T F S
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

QR Code
XML

4089041

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
BlogPic
BlogPic
枇杷は果物としてはやや滋味な印象があるがどうして、高級品は驚くほどの値段が付いている。

メロンやある種の話題のイチゴほどではないが房州の特大枇杷は12〜15玉で6,000 円とか。
この地での栽培の歴史は実に250 年というから驚く。

千葉県富浦にある「道の駅とみうら」枇杷倶楽部にはこれからの季節、枇杷を使った製品が勢ぞろい。

天気のいい日には枇杷ソフトが大人気となるのだが今の時期、行列はNG なので子供達には残念な状況だ。


一年ほど前に富浦の枇杷、しかも大きめの果実の箱詰めをいただいたことがある。
実家の庭になっていた小さな実と比べてはるかに大きく甘かった。種も立派で捨てるには惜しいくらい。
そこでシソが終わった園芸ポットにばら撒いておいた。

一年後の姿がご覧の写真だ。この木が成長して実が成るのに8年かかるそうだが、木はすぐに大きくなり始めるので
広めの場所に植え替える必要がある。

また厄介者を増やすことにならなければいいのだが。

BlogPic
桜の季節の締めくくりみたいに出てくるのが
塩漬けにした桜の葉を巻いた和菓子の桜餅。

最近は、ピンクのもち米がそのまま餡を包んだ
関西風の桜餅もよく見かけます。

関東では、この絵のような桜餅が普通ですが
桜餅を包んでいる『桜の葉』は食べるもの?
それとも残すもの?

「葉っぱも食べなきゃ、桜餅の本当の香りを
楽しめないでしょ」という意見と「食べない!
葉っぱの筋が口の中でモサモサして絶対ダメ」
という人もいるようです。

似たものに柏餅がありますが、こちらはほぼ
全員が葉は捨てるようです。

Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語