Profile
9/2020
S M T W T F S
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<<

QR Code
XML

4114252

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
Prev >>
BlogPic
BlogPic
「白露」は秋も本番となる、台風が心配な時期
と言われている通り、ちょうど台風10号が九州
を通過していて、近くの方々は要注意です!

ところで今回はアワビの話。
アワビの漢字は色々(鮑、鰒、蚫)ありさすがに
昔から高級品で、人気だったことがうかがえる。

英語ではabalone。ちなみにメキシコアワビも
アバロンと呼ばれて、内側の七色に輝く美しさが
他では出せないことから、工芸品のパーツに多く
使われている。(Photo 上 )


かつて小田原に住んでいた頃、少し西に位置する
岩礁帯の海によく遊びに行った。

スキンダイビングといえばちょっと格好はいいが
その頃は「素潜り」と言っていた頃で、今のように
漁業権云々をいう人はいなかった。道具はフィン
シュノーケルなしの水中メガネのみ。

その頃の憧れの的、それはアワビだった。

素人が潜れるような5mの深さの海に、マダコは
いるがアワビは簡単には見つけられない。
何個か小さなサザエを見つけるのがやっとという
レベルだった。

アクアラングが普及して、海岸線沿いに根こそぎ
アワビ・サザエなどが乱獲されるようなことが
頻発し、それで生計を立てていた漁師の人たちは
仕事の継続には稚貝を蒔かなければならなくなり
監視を強化するようになった。
そしていつしかこの遊びは遠のいて行った。

写真のアワビは外房産。魚の絵をプレゼントした
お礼にと職漁師の方からいただいたもの。
(Photo 下 )

この姿形をはるか上の水面から見て、アワビだと
見分けられるのはもう、特殊能力そのものだ。

この殻、よく見ると多くの生物が殻に住み着いて
小宇宙を作り上げ、運命共同体となっている。
この一枚の殻の上に何匹の生き物が生存しているか
を考えると、調理にかかるのは気がひけた。

ちなみにアワビは堂々と胸を張れる巻貝の一種で
カタツムリにあるような二本のツノを持ち、先端
に光を感知できる眼もちゃんとある。

BlogPic
処暑 (しょしょ 8/23頃)
暑さが徐々に収まるという意味

日中はまだまだ暑いものの
間もなく朝晩は涼しさが感じられて
初秋の息遣いが伝わって来てもいい頃。

いつもより短い夏休みもそろそろ終盤。

昨年はやたら台風が多かったのに
今年は少なくて一安心というところだが
列島に張り付いた南と北の高気圧は想定外。
やっぱり言われているように異常気象が
原因で起こっているということなのか?


冷んやりとした海水が、暖かい潮にとって替り
海の中にも涼しい秋が来るようで、9月に入ると
例年、ほとんどの魚が活発に餌を追うようになる。
海の中にも食欲の秋はやってくる。

この絵は、岩の周りに住み着いているカサゴだが
日本中どこでも身近にいる魚の常で、呼び名も
地域によって色々だ。
ひどいのは「あんぽんたん」と呼ばれたりしている。

理由は幾つかあるようだが、いとも簡単に釣れる
ことからそんな不名誉な名前になったという説が
あるが、どうして白身でとても美味しい魚だ。

体の模様が紅葉した山のようで、秋にピッタリの魚だ。


#夏休み #岩礁の海 #カサゴ #ロックフィッシュ 
#穴釣り #テトラポッド

BlogPic
今回の『エラーを探せ!』は少々複雑過ぎたようで
エラーの箇所が見えにくかったかもしれません。

スマホで見るにはかなり難しく、このパズルの限界
を見たような絵面でした。
まさに目に悪いコンテンツの典型かもしれない。

今、このパズルよりは目にいいものを考えている
ところです。一言で言えば、3D画像です。

次回に簡単なものを載せてみます。

BlogPic
大暑:夏の暑さが本格的になるという意味。
例年なら子どもたちは夏休みに入ってわくわくという
時期ですが、今年はかつてないおかしな夏に・・・。

外出にはマスクをしないと怪訝な目で見られ、いくら
暑くても人混みでは外せない。
コロナはやっぱり怖いので仕方ない。


森の中に入ってのキャンプが人気だそうです。
密閉、密集は起こらないしソーシャルディスタンスを
確保できるし密接も防げるというので人気沸騰。

ところで森の中にも社交場があるのご存じですか。
人間用ではなく虫専用ですが・・・。

今回の『エラーを探せ!』はそんな森の中にある
虫たちの集まる樹上のカフェーが舞台です。
クヌギの樹液は色々な森の住人を引き寄せます。

ただし実際の森の中で『森のカフェー』を観察する
ときは要注意です。
危険なのは歓迎されないスズメバチで、彼らの仲間が
森のカフェーを取り仕切り、一番威張っています。

最近森に入って実際に、スズメバチに刺される被害が
増えているようです。
注意喚起の張り紙を見たら要注意!
慌てず静かにそこから離れましょう。

今回は10個のエラーを探してください。
パソコンでないと見にくい場合はゴメンなさい。

BlogPic
脳トレのエラーシリーズは難度アップを
する前に、ちょっとひと休みします。

次回は脳トレ第2弾、パズルの形を一新して

『 脳トレパズル/双子を探せ! 』

というタイトルで、別タイプのパズルを
紹介します。ご期待ください。

               みひ郎

BlogPic

江ノ島の西側、いわゆる西浜はサーフィンで
人気のスポット。

いい波の立つポイントに人は自然と集まり
数ヶ所に10人弱のグループが点在するが
場所が場所だけに換気の状況は抜群にいいし
ソーシャルディスタンスも自然と取れている。

サーフィンはゴルフや釣り以上に、コロナに
強いスポーツなのかもしれない。

今年は湘南海岸一帯の海の家が中止になった。

海に入っている間はいいが、海から上がると
どうしても食事や休憩時に密になるので
仕方のない判断かもしれない。

家族で車で出かけて行き、海辺の駐車場に止め
簡易設営テントを砂浜に作って日焼けを防ぎ
帰りに簡易シャワーでベタつく潮と砂を落とし
人混み、接触を避ける海水浴がオススメ。

ちょっと寂しい気もするが、コロナの2波を
考えると、今年は仕方がないのかも・・・。

BlogPic
今回も簡単すぎだったですか?

強いて言えば蓮の上のカエルの耳の違いが
見つけにくかったかも・・・。

耳たぶはないけどこの楕円がカエルの耳です。

気のせいかもしれないけど、このブログを
見てくれる人が増えてきているようなので
続けて第三弾、『夏だ!海だ!海水浴だ!』
を明日くらいには、アップします。

その次はいよいよ「脳トレ/10のエラー」に
バージョンアップするか?それとも別タイプの
パズルにするか、迷っています。


BlogPic

コロナの感染者はやはり、ゆっくりではあるが
増加の傾向が止まる気配なし。

今年は運良く台風があまり発生していないので
梅雨の間この絵くらいの、しとしと雨で収まって
欲しいものです。

豪雨被害が広範囲になると各地の避難所がまた
大変なことになりそうで、事前の準備が不可欠。

それぞれの自治体の対応力が試される時です。
体育館のような広い空間に、タタミ2畳位の
ダンボール製カプセルを並べて、コロナ対策と
プライバシーを同時に解決できるようなものを
開発した企業があります。

横になる高さはベッド位で床から40cmほど
微細な粉塵やウィルスなどが溜まり、漂い易い
床面から少し高くなるよう工夫されています。

まあ具体的な施策は担当の方に任せるとして
鬱陶しい梅雨はパズルでもやって気晴らしを!
何てことにはなりませんかネ?

BlogPic
簡単すぎでしたか? 
それとも『スマホでは小さくて見えない』
という声もありそうで・・・

いよいよ本格的な梅雨に入ったようなので
つぎはカエルの『親子パズル』にします。

10のエラー探し、15のエラー探しも
作っています。
ご希望があればアップします。

BlogPic
1年で最も昼が長い日とされているのが夏至
ですが、どうやらカラッと晴れとはならない
ようで、梅雨空では判らないですね。

暦の上では夏の折り返し地点にあたり、夏至
を過ぎると本格的な夏が来るとされています。

2年ほど前に作った「ひまわり」の絵を使って
脳トレによくある、『7つの間違いを探せ!』
みたいなパズルを作ってみました。

この絵はもともとイラストレーターという名の
パソコンソフトを使っているので、データーが
保存してあればこの手のパズルは10分で完成。

いや、クワガタムシが全く新しく登場したので
もう少しかかったですね。

最近はこの「間違い探し」の他にもパズル系の
遊びがないか、いろいろ探しています。
今回はこれだけですが、どんなもんでしょう?
とりあえず次回に解答を載せるつもりです。

Prev >>
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語