Profile
4/2017
S M T W T F S
1
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<<


QR Code
XML

3567196

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
Prev >>
[Web Log] / 03/05 18:00
BlogPic


現在、小さな漁港のスケッチ展 2 (相模湾編)を
開催中ですが、私の次に予約をされていた人が
展示をキャンセルしたそうで、3月後半の2週間も
続けてギャラリーを使ってくださいというオファーを
受けました。

同じものを引き伸ばしても間延びするだけなので、
急遽!別の展示をすることにしました。

以前に小さな展示会でお披露目した、一コマ漫画を
中心に15点ほど選び出し、リメークや額装を整えて
「みひ郎の 一コマ漫画展」を開催します。
期間は3月16日(木)から3月31日(金)の2週間。

一コマ漫画は一頃かなり入れ込んでいた時期に
描いたものを中心に、新作も加えています。

「魚」とも「港」とも違う「一コマ漫画の世界」を
覗きに来てください。
                                                みひ郎

[Web Log] / 01/09 16:20
BlogPic

絵 に限ったこと だけではなく

自分を とり巻き 縛り付けている

しがらみ や日常の 退屈さ から

脱け出したい という気分が

少しずつ 膨らんできて います。



今年は もっと もっと

自由に なりたい。

縮こまった自分を 解放したい。



今年も よろしく お願いします。



[Web Log] / 01/08 11:31
BlogPic
何点もの「トリ」のデザインを
あれこれと考え、調べ
作ってはみたのですが
実際に自分で年賀状に使ったのは
酉とは関係のないこの一枚です。


酉年年賀状の話は
これでおしまいです。


みなさん、良いお年を!




[Web Log] / 01/07 10:11
BlogPic
BlogPic
上は12年前の 2005年に作った
年賀状用にデザインした図柄を
リメイクしたもの。

半年前に一度このブログに載せているが
一部だけを切り抜き、
再びリメイクしてみたのが
こちらの3羽のヒヨコの図柄で
この方が表情などは分かりやすいかも。



[Web Log] / 01/06 19:20
BlogPic
民芸品調に飽きて、少しスケッチの線を生かした
酉もいいかな?とやってみました。

シングルの墨線だけでは単調だったので
3色の青系の線をずらしてみました。

実際の風景やイラストの描写に
この感じの色のぼかしが感じられるスタイルを
今年は少し掘り下げて行こうと思っています。

いいのが描けたらまたこの場に登場させます。



[Web Log] / 01/05 12:00
BlogPic
今風の短略ことば「あけおめ」を使ったり
酉(トリ)の動きをマンガ風に ))などを使って
若者にアピールする図柄にしようとしましたが
線が古いのか、色が野暮ったいのか・・・。

この作品も結局、年賀状には使わないことに
なりました。

[Web Log] / 01/04 0:12
BlogPic
これ、どちらかと言えば「エジプト」や
「インカ」風の匂いがする色使い?

でもヒントにしたのはスウェーデンの玩具。

何れにしても、出来上がったデザインは
オリジナルとは全く違うものになった。

この図柄を年賀状にして、知人に送るのは
ちょっとどうかなと考えてしまう。




[Web Log] / 01/03 0:58
BlogPic
ニワトリは昔から世界のあちこちで
いろいろな種類が飼われている。

身近にいて、親しみのある鳥だから
土産物としての人気も高いようだ。

ポルトガルのニワトリ「ガロ」ほど
有名ではないにしても
楽しいものはいろいろある。

これは沖縄の琉球張子にヒントを得て
描いてみたものだが、頭が低く
ごあいさつにはピッタリのポーズだ。



[Web Log] / 01/02 10:54
BlogPic
酉年の年賀状はずいぶん前に作ってあったが、
年が明けてからのブログ掲載となった。

例年、年賀状は暮れのうちにアップロードしていたが、
この年末はあれこれ忙しくて今に至っている。

このニワトリは、和紙の切り紙に見えるような
色合いの背景を見つけて使っている。

酉あえず、いや取りあえず

「あけまして おめでとう ございます」

今年もよろしく お願いします。

[Web Log] / 09/09 11:47
BlogPic
最終的に海と空の青を強くしていったら、又もや絵はがき風の絵になってしまった。
水面の波のコントラストが弱くなって、逆光の波のきらめきが消えている。

塗り込んでいって、いつも思うことがある。
ここまでいく少し前の絵の方が良かったんじゃないか?

今後も時々は制作途中の絵を写真に残して、そのあたりのタイミングをチェックしてみようと思う。

筆の置き時・・・この種の難しさいろんな場面であるよね

Prev >>
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
iSHONAN MALL
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語