Profile
4/2017
S M T W T F S
1
5
6
7
9
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<<


QR Code
XML

3567152

iShonan BLOG! Top

© 2014 iShonan
   
Prev >>
[《一点鮮色》] / 02/08 17:35
BlogPic
ジグソーパズルは間もなく完成する。

あと ええと・・・  2ピースかな?

向日葵の花びらと 青空の真ん中が一つ抜けていた。

あれっ? 二つピースが見当たらない。


箱をどけると 残りの二つがあった。

二人は 楽しそうにダンスをしていた。

[《一点鮮色》] / 01/26 15:34
BlogPic
『おやっ たくさんのヤシ木の中に一本だけ オレンジ色のやつ?

変だな。 葉のようすも まわりのヤシより 軟らかそうだし。

あれっ よ〜く見ると・・・ おおきなニンジンだよ!

それにしても よくここまでそだったものだ。 いや〜おみごと』

ぶつぶつ言いながら 何度もふりむきふりむき うさぎは向こうの

丘に消えていった。

[《一点鮮色》] / 09/09 17:34
BlogPic
「おいおい どうなってるの・・・?」


*世界陸上はけっこう日本記録が出たりしていたのに、なかなか
「メダル」には届かないという結果に終わりました。

でもよく考えると、歴代の日本一の記録を出してるんですよ。
すごいことです。大きな拍手を送りましょう。

[《一点鮮色》] / 05/01 14:20
BlogPic
「どう見ても カラスには見えんなあ」

「髪型だって はなわ してるし」

「いまの若者には もうとてもついて行けん」

「何言ってる かれはあんたと同じ年だよ。
どお 幸せを呼ぶ青にでも染めてみたら」

「やるんなら 抜けたら売れる赤い羽かな?」

「夢のないやつ!」

Comment from 田中パパ
[Comment] / 05/12 16:38

新聞にカラスの能力が生理学的に解明された記事がのりました。脳と体重の比率はサル以上、知能を発揮する部分の範囲が広く、穴の虫を取るために枝を道具にしていることが納得できたとのことです。近い将来毛を染めたカラス出てきてもおかしくはありません。都会ではカラスは嫌われていますが、仲良しになることは出来ないものなのでしょうか?
[《一点鮮色》] / 04/24 14:16
BlogPic
「青だ青!」

「あっちも青じゃないか!」

「おまえ 何 考えてんだ」

「なに〜 緑の街だあ!」

[《一点鮮色》] / 04/02 18:25
BlogPic
周りの自然が少しずつ消えていく中で、春が来たことを教えてくれる樹木の代表はやはり桜でしょう。
桜のおかげで春だけは見過ごしてしまうということがありません。春の景色のあちらこちらに桜の淡いピンクが色を添えます。

普段はほとんど目立つことはない並木通りを、春のある日突然ピンクのトンネルに変えてしまう技はマジシャンかイリュージョニストとしても超一流。

そういえば桜が嫌いだという人には会ったことがないんですが、万人に好まれる魅力の秘密、桜を研究すれば判るかもしれない。

Comment from みひ郎
[Comment] / 04/03 15:05

コメントありがとうございます。
「作曲」はまだブログにアップしてなかったですね。
今がちょうどぴったりの時期なのでUPします。
Comment from ふくもと
[Comment] / 04/02 20:16

先日の土曜日、湘南モールフィルのON&OFFで、みひろぎさんの絵見ました。
“作曲”には、まいりました。
あのような楽しい発想はどこからくるのでしょう。
[《一点鮮色》] / 03/20 19:25
BlogPic
BlogPic
みんなまだカラの中にいるのに、ひとりだけいち早く出てきたヒヨコがいます。
みんなと違うことって目立ちます。

みんな元気に生まれてきたのに、ひとりだけまだカラに入ったままのヒヨコがいます。
みんなと違うことって、やっぱり目立つんです。

遅い方は時々ノロマとか寝坊とか言われるけど、たいした違いはありません。
カラを出ればもうヒヨコです。誰が誰だか・・・? みんなかわいいヒヨコです。

[《一点鮮色》] / 02/23 12:12
BlogPic
動物の中でも最も大きいゾウだってよくけんかをします。
原因は食料・水の確保や縄張り争い、それに自分の子孫を残すための権力争い。
長い鼻で殴り合ったり頭突きをくらわせたり・・・。
りっぱなキバが折れることもあるそうで、怪我もジャンボ級???

でも鼻血が出たらどうやって止めるンだろう? いらぬ心配ですか。

[《一点鮮色》] / 02/20 12:43
BlogPic
動物、特に『は虫類』の中には、急ぐといつもと違う姿を見せる
ものがいます。
ワニは急ぐと後足2本で走るって知ってました?
南米のコスタリカに住むトカゲは急ぐと水の上を走ることができます。
『バシリスク』という名前がついています。
(パシリ・・じゃないです。ネット検索するとその姿すぐ見られます)

もしかして ヘビは 急ぐと バネみたいになって・・・・?

Comment from クーちゃん
[Comment] / 02/20 14:26

以前、テレビでエリマキトカゲが走っているのを見たことがあるのですが・・・もしかして、あの光景も後ろ足で走っていたんでしょうかね・・・?
[《一点鮮色》] / 02/08 20:50
BlogPic
ノーコメント。

Prev >>
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
iSHONAN MALL
Add to My Blogs
Forgot Password
Register
日本語