Profile
6/2021
S M T W T F S
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<<

QR Code
XML

4426977

iShonan BLOG! Top

© iShonan
   
<< Next
Prev >>
BlogPic
BlogPic
BlogPic

暖かい日が増えてきて、運動不足もそろそろ危ない
状況になってきているので最低でも散歩位しようと
軽装をして歩き始めた。

これで、マスクを捨てられれば身も心ももっと・・・
と思うのだが、いやここでくじける訳には行かないと
思い直す。
国産ワクチンの話はあれきりどっかへ行ってしまった
ようで正直がっかりしている。

さて気を取り直して、目標5000歩位から。
携帯の歩行計アプリは時々チェックしながら歩く。

人ごみに巻き込まれないように、利用の少ない公園や
川沿いの道を歩くと気持ちのいい季節になってきた。

自分の住んでいる周辺には比較的渡り鳥の野鳥が多く
最近川や海で、やたらに目にするのがこの鳥!
(photo:上)

かつてはあまり目にしなかった『オオバン』という
水鳥で、水中の藻を食べたり、小魚、虫など何でも
食べる雑食性だ。

この鳥身体中が真っ黒い羽で覆われ、目立たない色
をしているが、正面から見ると真っ白いしゃもじの
ような嘴と一体化した「額板」が目立つ。この額板
はまるで嘴のように硬いそうだ。(photo:中)

さらに普段水に浮いている時には全く見えない足
だが、陸に上がるとその色形に目が釘付けになる。
(photo:下)
カモやアヒルのような水掻きはなく、木の葉状の
水かきが繋がっている(弁足というんだそうです)
おかしな形で、しかも色は明るい水色だった。

港の海面や川で泳いでいる時は、額板は目立つが
足は見えない。足を見たい人は川の中に洲や鳥が
上陸できる環境の場所を探す必要がある。

藤沢市の長久保公園前の引地川には、多い時には
15羽前後のオオバンが集まるが、あちこちに土が
溜まった洲があり、運が良ければ上陸したオオバン
の足が見られる。

カモ類に比べて人見知りが激しく、近づくと逃げる
傾向があるので、追いかけたらまず失敗します。


#雨水 #水鳥 #オオバン #クイナ科

BlogPic
今から3年ほど前の東京湾富浦港でのこと。

釣り雑誌の取材でアポイントを取っていた
釣り船が帰港するのを待っていた。

港の水面を見てみるとプカリ浮いていたのが
この「ミズクラゲ」。

上下逆さまに泳いでいる?みたいなのだが
「ハート 」の形に見えたので、写真に。

ヴァレンタインに良さそうと文字も入れて
見たのですが、カメラを持ち歩くと時々、
思わぬ瞬間に、出会うもんです。

#バレンタイン #Happy Valentine!
#クラゲ #ハート

BlogPic

日を改めて今度はマスクを持参し、ついでに
捻挫しないように、本皮の登山靴を用意。

足場をしっかり確認しながらスタートする。

細かな枝道もあり、なるべく他の人と
すれ違わないようにコース取りしながら
トレッキングを楽しんだ。

ここではいつもなら、台湾リスをあちこちで
見かけるのだが、この時期全くいない。
冬眠中なのかな?

梅の木のある場所にもどると、前回よりも
梅の花が賑やかになっているのに気付く。

たった4〜5日違いのことなのに、蕾が
ふっくらとして、花弁の色が見える。

紅梅はもっと鮮やかに色づき始めていた。

春が本格的にやってきたらしい。

BlogPic

コロナのトンネルもこれだけ長いと
気付かないうちに筋力が少しずつ
落ちてくる。

えっ?というような何もないところで
つま付いたり、よろめいたり。

『これではいけない』と標高差のある
散歩コースを歩こうと思いつく。
上り下りの坂があるようなところだ。

藤沢の「新林公園」を目指す。
ここには山の尾根に沿う全長1.5kmの
自然散策路、遊具のある冒険広場、
湧き水でできた川名大池などがある。
一番高い所は、入口付近より60m高い
そうで、アップダウンが適度にあるので
そこそこ運動になる。

駐車場に着きさて、という所でマスクを
持参していないことに気がついた。

近くのコンビニに行くのも億劫で、人の
少ないルートをそっと進み、梅の花を探す。
トレッキングは出直しとなった。

よく咲いている木は? まだなくて・・・、
ポツリポツリという所。

[Web Log] / 01/08 0:30
BlogPic

大きな画面ならやさしい問題ですが
movile 画面では難問だったかも?

でも簡単すぎると次から素通りされ
そうだし、結構難しいものです。

一度自分で描いた絵や、写真などを
使って問題を作ってみてください。

案外ハマルかもしれないですよ。

BlogPic

 あけまして おめでとう ございます

日本が誇る7人の福の神を『七福神』
と言いますが、ほとんどが外国の出身。

恵比寿様は日本(神道)、
大黒天・毘沙門天の2神がインド(仏教)、
弁財天が同じくインド(ヒンドゥー)、
布袋・寿老人・福禄寿は中国(道教)。

ということはこの中に、その他の世界中の
「福をもたらす神」が集まって来ていても
なんら不思議はなかったということ?

さて今回は上下に並べた絵に違うところが
7箇所。それを探し出すエラーパズルです。

新年早々から『福の神』のご利益が消えて
しまいそうな『バチあたりなパズル』で。
大変申し訳ありません。

*尚神々の名前札はエラーに入りません。

#7Lucky Gods #七福神 #エラーパズル

[Web Log] / 01/02 12:06
BlogPic

来年は丑年。
日本で牛といえば、白と黒の模様が入り
混じった、乳牛がほとんどだ。

ホルスタイン柄は独特の面白さがあって
豹柄とは一味違った楽しさがある。

白地に不定形な黒の塊の模様を並べると、
それらしい雰囲気が出始める。

シンプルなので、もっと色々なところに
使われても良さそうな気がする。


#謹賀新年 #Happy New Year #丑年 #holstein
#ホルスタイン柄 #牛柄 #牛柄 マスク

[Web Log] / 12/31 11:15
BlogPic

人が集まってやる、スポーツや文化イベントも
参加するのに引け目を感じざるをえないほど
感染報道が繰り返され、エスカレートしていく
中で迎えることになる新年・・・。

このコロナ禍にあって、適度な運動をして
健康を維持するのが難しくなっているこの頃、
菜園を借りて、野菜作りに励んでいる人は
まさに「先見の明」か「超強運」の持ち主に
違いない。

体を使って汗をかき、同時に筋トレにもなるし
ストレス解消効果も高く、酒もメチャうまい。

さらに収穫後の食卓も楽しみだし、たくさん
獲れたら周囲の人におすそ分けができる。
「生産者の顔が見える無農薬野菜です・・・」
とか言って!

良いことずくめの
   一石四〜五鳥ってとこかナ?

[Web Log] / 12/31 1:01
BlogPic

来年は丑年。
日本で牛といえば、白と黒の模様が入り
混じった、乳牛がほとんどだ。

ホルスタイン柄は独特の面白さがあって
豹柄とは一味違った楽しさがある。

白地に不定形な黒の塊の模様を並べると、
それらしい雰囲気が出始める。

シンプルなので、もっと色々なところに
使われても良さそうな気がする。

BlogPic

新しい年は丑年・・・

以前に描いた一コマ漫画で、

テーマは「ライバル」という設定の

5作品の一つ。

タイトルは

「何か オレらより 決まってネ?」

<< Next
Prev >>
Next Post
Last Post
もどる
 
  
湘南
Log In
iSHONAN
iSHONAN BLOG
Forgot Password
Register
日本語